アディポネクチンとメタボ

メタボリックシンドロームという言葉は最近ではすっかり定着し、「メタボ」という名称はどなたでも聞いたことあるかと思います。
それは健康意識が増えたのか、それともメタボリックシンドロームの方が増えたのか、そのあたりは微妙なところだと思います。

厚生労働省が定めているメタボリックシンドロームの診断基準は以下の通りです。

ウエスト周り 男性85cm以上|女性90cm以上
中性脂肪 150mg/dl以上
HDLコレステロール 40mg/dl未満
最高血圧 130mmHg以上
最低血圧 85mmHg以上
空腹時血糖 110mg/dl以上

この数値を超える人はメタボリックシンドロームを疑った方がいいと言えます。
メタボリックシンドロームのようにお腹がでてしまうと、 着たい服も綺麗に着こなせなくなり、印象もかなり変わります。
見た目だけでも十分なほどマイナス要素がありますが、 それ以上に体にとってのマイナスは大きいものがあります。

メタボリックシンドロームになることにより、内臓脂肪が増え、インスリン抵抗性が起こり、 血糖値が高い状態が続き、血液中の中性脂肪が高いかもしくは善玉コレステロールが低い状態、 血圧が高い状態など、動脈硬化を引き起こす原因が重なりあいます。

メタボリックシンドロームの恐ろしい部分は複数の危険要因が重なりあうことにより、 危険度が大きく跳ね上がるということです。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、
メタボリックシンドロームのように内臓脂肪が増えるとアディポネクチンは目立って減っていきます。
つまり、「低アディポネクチン血症」になってしまいます。
このように低アディポネクチン血症になるとインスリンが減るので、
ひとつの大きな負のサイクルが発生し、ひとつの病気が多くの病気を引き起こしてしまいます。

メタボリックシンドロームと診断されたら、運動や食事制限をし、内臓脂肪を減らしていきましょう。
内臓脂肪は一時的にためる脂肪のため比較的早めになくなっていきます。
内臓脂肪が減るとアディポネクチンが分泌されるようになります。
一つの目標を決めてうまく体重管理をしていくことが大切といえます。